協会からのお知らせ

一般社団法人兵庫県治山林道協会  会長 谷 公一 (衆議院議員)

写真:兵庫県治山林道協会 会長 谷 公一

新年あけましておめでとうございます

会員の皆様には、健やかに新しい年を迎えられたこととお喜び申し上げます。

平素は、当協会の業務の推進につきまして、格別のご支援、ご協力を賜り厚くお礼申しあげます。

近年、地球温暖化の影響か、全国的に集中豪雨・台風が多く発生し、局地化・集中化・激甚化しており、気候の変動は明らかに新たなステージに入っているといわれています。

昨年は全国的に大きな山地災害が数多く発生しました。特に、西日本を中心に大きな被害をもたらした「平成年7月豪雨」では、兵庫県内にも人的な被害を含め、大きな災害が発生しました。

県では、県民緑税を活用した「災害に強い森づくり(第3期対策)」に取り組むとともに、「第3次山地防災・土砂災害対策計画」により治山ダムを計画的に整備するなど、集中豪雨や地震等の災害を未然に防止し、県民の生命・財産を保全する対策を積極的に進めています。

国においては、我々地方・森林・林業関係者の長年の悲願であった森林環境譲与税(仮称)が創設され、いよいよ平成年度から市町村などへの譲与が始まります(国民への課税は年度から)。加えて防災・減災、国土強靭化のための3ケ年緊急対策として7兆円の事業に取り組むこととしました。適正な森林・林道整備、しっかりとした治山治水への取組みが求められています。

今年は新元号の年で、5月から新たな元号が幕を開けます。

それに呼応するかのように、今月には、我々林業団体の新たな林業会館が「CLT+鉄骨ハイブリット構造」により建て替え工事が完了し、いよいよ来月2月には新会館での執務が始まります。そのような意味でも、本年は林業関係団体にとっての節目の年であり、当協会職員一同気持ちを新たにし、計画的な治山・林道事業の拡大と技術の向上に努めるとともに、普及啓発活動等のソフト対策にも積極的に取り組んで参りたいと考えておりますので、会員の皆様の御支援とご協力をよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、皆様のご健勝と一層のご活躍を心より祈念申し上げ、新年の挨拶といたします。

このページの先頭へ戻る
© Afforestation And Forestry-Road Association of Hyogo All Rights Reserved.
〒650-0012 神戸市中央区北長狭通5-5-18 兵庫県林業会館内 TEL:078-371-0210